読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越後のコロンボ 捜査記録

新潟に住んでいるコロンボファンが刑事コロンボの感想や日常の出来事など幅広く記していくブログ。

新・刑事コロンボ 「復讐を抱いて眠れ」 感想

BS-TBS 刑事コロンボ 感想 更新順

f:id:EchigoofColombo:20160924232655j:plain

 

今回は、BS-TBSで放送されていた新・刑事コロンボ「復讐を抱いて眠れ」を見た感想を書いていきたいと思いましてねぇ・・・

 

いつもこのブログで感想を見ていただいている方は、お気づきになったと思いますが…

 

今回は、録画ではなくリアルタイムで放送回を見ました!

 

感想をブログに載せるのが遅いのでいつもと大して変わらないんですがね(笑)

 

感想※あくまで個人の感想です

デガルモ刑事再登場(?)

今回も同僚のデガルモ刑事が初動捜査から登場するんです

前回放送の「奪われた旋律」を見た後だと再登場のように感じますが、話数の順番的には「復讐を抱いて眠れ」の方が先なので正確には、初登場シーンになりますね

 

衝動的な殺人事件

今回の事件の被害者は、犯人の弱みを自分の担当する番組で放送することによって過去の復讐を決行しようと画策します。

そのため犯人にとって急を要する状況が生まれるんです

刑事コロンボは、自分に対する疑いが向かないように偽装工作やアリバイ作りも考えた上での計画殺人が多い印象を受けます。

そのため、衝動的に殺人事件を起こしてしまい、後から偽装工作をする今回の事件は、新鮮に感じました。最近刑事コロンボを見ていないせいかもしれませんがね…

 

葬儀屋ならではのトリック(?)

前で述べている通り今回の事件は、衝動的なため犯行当初はとても危なっかしく少しでも運がなければ犯行がすぐに気づかれてしまうほどでしてねぇ・・・

しかし、偽装工作をする頃には、葬儀屋ならではのトリックを使って偽装工作を進めていきます。

どんな偽装工作をするのかは、ご覧になってからのお楽しみです(笑)

 

事件関係者の強い個性

今回の事件で被害者の部下が警察に通報したことによって捜査が始まるのですが、この部下の個性がまた強い。新シリーズは、個性の強い脇役が多いのが特徴なのでしょうかね?(笑)

 

メモ帳のアップ

 コロンボ警部が愛用しているアイテムの一つであるメモ帳

意外と何が書かれているかはっきりとわかるシーンって少ないんですよねぇ。旧シリーズでも数回だったような…自分で書いた字が読めないと言っていた話もありましたが、今回は犯人もちゃんと読み上げていました。

アップになるシーンでも字は汚くないような…丁寧に書けるように練習したんでしょうかね(笑)

 

印象に残ったシーン※あくまで個人の意見です

有能な刑事デガルモ

 コロンボ警部は、被害者の自宅で写真を発見します。

その写真のネガを探して現像して持ってくるようにデガルモ刑事に指示を出すんですがねぇ・・・その行為によって現場になかった新たな写真が発見されます。

デガルモ刑事は、「警部の指示はなかったんですが、ついでに拡大したプリントも作らせておきました」と拡大した写真を取り出します。

これには、コロンボ警部も「君、気が利くねぇ」と返してます。

デガルモ刑事の有能さを表すシーンではないでしょうか?言われた事だけこなすのではなく、自分で考えて行動できる人材になりたいものです(笑)

 

犬の扱いに怒りを露わにするコロンボ警部

被害者の自宅では、飼い主の不在によって餌をもらえずお腹を空かせてる飼い犬がいましてねぇ・・・被害者の部下が気づいて発見するのですが、この時のコロンボ警部の怒りっぷりが凄いんです

事件の事以外で怒りを露わにする場面も珍しく感じました。

動物好きだと語っていた話もあったのでここまで怒るのも当然といえば当然ですが

また、それと同時にこの出来事から手がかりを得ています。

 

服装いじり

コロンボ警部は、よれよれのレインコートという服装から全シリーズ通してホームレスと勘違いされるシーンが多いんです。

今回の話でも健在で、被害者の部下・容疑者から刑事であることを認識されなかったり、タクシー会社で職を探しに来たホームレスと勘違いされています

 

運も実力の内(?)

順調に捜査を進めてどんどん犯人を追い詰めていくコロンボ警部ですが、その捜査過程には、運よく手がかりを得られるシーンも決して少なくはありません

今回で言えば、手がかりの一つであるハンカチを洗われる前に回収できた点や聞き込みで来ていたタクシー会社で偶然目にした光景から手がかりを得るといった点です

優秀な刑事は、運も持っているのでしょうね

 

多分こうだ、でいいんだよ

事件の関係者に聞き込みをしている場面で証言を渋る関係者に対して言ったセリフなんですがねぇ・・・途中から「多分」がただの飾りになっていくところが面白いんです

 

うちのいとこがねぇ・・・

タクシー会社で手がかりを得るシーンがあり、その後その手がかりを持って容疑者と話しをするシーンでタクシー会社に勤めているいとこが紹介されます

この手がかり自体は、前のシーンで得ていたものですが…タクシー会社に勤めているいとこ自体は、本当に存在していて都合のいい形で話の引き合いに出したのでしょうか…

 

最大の証言

終盤ある事件関係者の法律違反の自白を受けるコロンボ警部。

しかし、この証言が殺人事件の犯人を追い詰めるための最大の手がかりになります。この自白に対しコロンボ警部が言ったセリフが印象的でしてねぇ・・・

コロンボ警部「私がこれまでに聞いた中でも最高の自白です」

      「どんな罪を犯した犯人も経験したことないような方法で逮捕します」

二番目のセリフが、法律違反をした関係者に向けたセリフなのか、はたまた殺人事件の犯人に対してなのか…

 

トングをもらう

犯人を追い詰める最後のシーンで犯人がコロンボ警部と紅茶を飲む場面があります。

この場面で角砂糖を取るためのトングを便利だと絶賛する警部に犯人がトングをプレゼントするんです。なにかと役に立つ、とポケットにしまうコロンボ警部。あたし他に役に立つってどんなことにだろうと考えていたら、最後の最後で大活躍しましてねぇ・・・もらったトングをすぐ使い、それを使って犯人を追い詰めるこの場面はうまいなぁと感心しました

 

重みのあるセリフ

 

「あなたのような人物を25年追いかけてきました。全員捕まえた。あなた以外は。私は負けず嫌いでね」

 

今まで長く続いてきた刑事コロンボシリーズだからこそ言えるセリフなのでしょうかねぇ・・・あたし個人は、様々な犯人と対決し逮捕してきたベテラン刑事の重みのある言葉という印象を受けました

 

※写真は、BS-TBSで放送された新・刑事コロンボ「復讐を抱いて眠れ」のワンシーンをカメラで撮影したものです

 

 

あたくし事ですが…

f:id:EchigoofColombo:20160924232709j:plain

先日、祖父からいらないというネクタイをもらった中に「確か新・刑事コロンボでこんな色合いのネクタイつけてたなぁ」というものがありましてねぇ・・・「復讐を抱いて眠れ」でも似たような色合いのネクタイをしていた気がしました。

今ではお気に入りのネクタイの一つなんです(笑)