読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越後のコロンボ 捜査記録

新潟に住んでいるコロンボファンが刑事コロンボの感想や日常の出来事など幅広く記していくブログ。

新・刑事コロンボ 「虚飾のオープニング・ナイト」 感想

BS-TBS 刑事コロンボ 感想 更新順

f:id:EchigoofColombo:20161001203309j:plain

 

今回は、BS-TBSの新・刑事コロンボ「虚飾のオープニング・ナイト」を見た感想を書いていきたいと思いましてねぇ・・・

 

あたしこの作品は、刑事コロンボシリーズの最終回という位置づけだと思ってるんです

 

10月からは、毎週末にBS-TBSで刑事コロンボを放送するようでしてねぇ・・・放送分の感想を載せていこうと思ってるんです

 

毎週刑事コロンボが見られるのは楽しみですなぁ

 

感想※あくまで個人の感想です

 

コロンボ声優が銀河万丈さんへ

今までは、追加シーンの吹き替えを担当していた銀河万丈さんがコロンボ警部を一作品丸々演じてましてねぇ・・・銀河万丈さんのコロンボ警部を楽しめる1話でした

確か石田太郎さん収録バージョンもあるんだとか…?

 

BGMが現代風(?)

舞台がクラブということもあるのか劇中で流れる音楽が現代の雰囲気に近いように感じましてねぇ・・・シーンによっては全く別の海外ドラマを見ている気分にすらなったほどです(笑)新しさを感じました

 

原点回帰??

前の感想でBGMで新しさを感じたと書いたんですがねぇ・・・コロンボ警部と犯人の対決や捜査シーンは、旧シリーズに近いものを感じました

新しさと古さが同居している様な不思議な感覚でした

 

犯人

今回の話は、犯人がぼろを出してしまうのが早いように感じました

コロンボ警部に詳しく話を聞かれてたどたどしくごまかしたり、視聴者にも怪しいとわかるほどの言い訳をしたりします

これは、これまでの刑事コロンボシリーズに登場した犯人がほとんど頭がよく優秀な人物であったことがそう感じさせるのかもしれません

または、場数を踏んできたコロンボ警部と若い犯人の経験の差が描写されているからなのか…どちらにせよ、普通の人ならあんな風に問い詰められたら今回の犯人のような反応になってしまうのではないでしょうか(笑)

 

鮮やかな捜査

これまでもコロンボ警部の捜査は鮮やかでしたが、今回もそれが感じられると思います

この話では、コロンボ警部が特に「捜査」をしています。まさに刑事の「捜査」といえばこれというものが詰まっているように感じられます。

例を挙げるなら刑事ドラマでよく言われている現場百篇というやつです。地道な「捜査」を重ねに重ねていくうちに次々と手がかりや犯行の全容につながっていくという構成で事件の核心にどんどん近づいていくところは、見ていて気持ちよかったです

 

印象に残ったシーン※あくまで個人の感想です

 

現場に到着早々コーヒーを要求

現場に到着早々部下にコーヒー(砂糖二つ)を要求します

現場でコーヒーをもらう場面は、旧シリーズからの定番でしてねぇ・・・ちなみに「刑事コロンボ完全捜査記録」で知ったんですが、旧シリーズではコーヒーはブラック派だったらしいです。その後、受け取ったコーヒーをとても美味しそうに飲んでいます

 

徹底的な捜査

今回の現場ではコロンボ警部が到着した当初現場の警察官は、被害者の自殺を信じて疑いません

コロンボ警部は、そんな様子も意に介さず捜査を進めていきますが、その徹底ぶりには警官も引き気味です(笑)警部が遺体の口に顔を近づけて臭いをかいでるところを見ている、警官の嫌そうな顔がなんとも言えません(笑)

そのあとも、現場や遺体の状況についておかしいところを見つけ出すコロンボ警部に対して他の警官達は、何が言いたいのかわからない状態。捜査中の姿を同僚や関係者に訝しがられる場面はありましたが、今回は特に顕著に表れてます

個人的には、コロンボ警部が便器に手を突っ込むシーンが捜査の徹底ぶりを物語っていて印象に残ってます

「これは自殺じゃない。誰かが自殺に見せかけてるんだ。その誰かを探してとっちめてやらないと」

これは、初動捜査を一通り終えた後に部下の警官に言った台詞でしてねぇ・・・

今までの話では、ここまで明確に自分の捜査方針を同僚や部下に言った事は少なかったように思います。そのため、印象に残っています。

かっこよくこの台詞を言った後に、コーヒーを飲みながら

すっかり冷めちゃったよ。もういいや。」

と言うところがまたコロンボ警部らしい(笑)少し抜けてるというかなんというか

 

家族・親族の話

最終回でも、もちろん「うちのかみさんがねぇ・・・」は言っていましたが、それより印象に残っているのは、サンディエゴのでっかいくじらのいる動物園に勤めているという甥っ子の話。これが事件の解決に重要な役割を果たしています

 

ピングーらしき置物

犯人が被害者のカレンダーメモ(?)のようなものに自分との予定が書かれていることに気づいて破るシーンがありましてねぇ・・・あたしその近くにピングーらしき置物があるところに目がいっちましたよ(笑)

 

初めは、コロンボ警部の鮮やかな捜査手法をたくさん書いていこうと思ったんですがねぇ・・・自分の目で確かめて欲しいという点と書き始めるととても膨大な量になってしまうので割愛します

 

あたし個人的な意見では、この話の最大の見どころはコロンボ警部の捜査シーンと最後の犯人を追い詰めて逮捕するところ

 

ここは、新鮮な気持ちで見るととても面白いのではないでしょうか

 

あたしは、一度見たことがあるのですが時間が経っていたのでうろ覚えで新鮮な気持ちで見ることができました(笑)

 

※写真は、BS-TBSで放送された新・刑事コロンボ「虚飾のオープニング・ナイト」のワンシーンをカメラで撮影したものです