読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越後のコロンボ 捜査記録

新潟に住んでいるコロンボファンが刑事コロンボの感想や日常の出来事など幅広く記していくブログ。

信濃のコロンボ3~北国街道殺人事件~ 感想

f:id:EchigoofColombo:20161119193431j:plain

今回は、信濃コロンボ3~北国街道殺人事件~を見た感想を書きたいと思いましてね

 

帰宅して何気なくテレビをつけてみたら、ちょうどこのドラマが始まる5分前でして・・・「信濃コロンボ」の存在は知っていたんですが、ちゃんと見た事がなかったのでちょうどいい機会だと思って見てみたら思いのほか楽しめましてねぇ・・・

 

せっかく見たので感想を書かせていただこうと思いましてね・・・知識がほとんどないので簡単な感想なんですがね

 

感想※あくまで個人の感想です

ほのかに香るコロンボらしさ

あたし「信濃コロンボ」なんて題名に釣られて見てしまうくらいで、どうしてもどこがコロンボなんだろう?なんて探しながらみちまうんです。でも、そんな見方をしていても十分楽しました(笑)なんといってもコロンボ警部との共通点がなかなかに多い。

  • 髪型
  • スーツの色
  • コーヒー好き
  • 「あともう一つだけ」という質問の仕方
  • 身分証を見せるまで刑事だと思われない

ざっと挙げるだけでもこんなにありました。他に人と話す時の距離が近いところや序盤に寒がっているところももしかしたら「刑事コロンボ」との共通点なのかななんて考えちまいました(笑)

 

越後が舞台の一つになっている

この作品では、東京・長野・新潟が舞台になっていましてね・・・「良寛」さんや「出雲崎」、「寺泊」や新潟県警の「直江」さんなんて言った具合に新潟に住んでいる人には馴染みのある言葉がたくさん出てきました。自分の住んでいる県が舞台になっていたので物語に入り込みやすく、偶然見たドラマだったので嬉しかったです

 

信濃コロンボ」の上司

物語の序盤から管轄違いの事件に首を突っ込み捜査を進める「信濃コロンボ」に「余計なことはするな」とずっと叱り続けていましてねぇ・・・その割には、買ってきたお土産を渡されて許してしまうなど憎めない人のように思えます(笑)終盤で状況を報告し本格的に捜査を進めようとする「信濃コロンボ」に対し捜査を進めて失敗した時のリスクから反対しますが、説得の結果必ず手がかりを得る事を約束させ許可をだします。「刑事コロンボ」のコロンボ警部の上司も事件によってはこんな苦労をしているんじゃないかなと考えてしまったシーンでした

 

コートの扱い

あたし「信濃コロンボ」っていうくらいだから終始コートを着込んで捜査をしているもんだと思っていたんですが、ずっとコートを着ずに物語が進んでいったので季節的に暑いのかななんて思っていました。でも見続けていたら、終盤に本格的に捜査を開始する前にコートを着て街中で走るシーンがありましてね・・・この場面が見所の一つだったのだなと納得しました

刑事コロンボ「魔術師の幻想」でもコロンボ警部が終盤までいつものコートを着ないという構成になってましてね・・・似ているなぁなんて思ってしまいました

最もこちらは、コートを終盤まで着ない理由がかみさんからもらった新品のコートを着ている(持ち歩いている)からなんですがね・・・

 

ちょっとしたアクションシーン

逃げた犯人を追いかけるシーンがあって少し面食らいましたね(笑)この三人だけで犯人を捕まえられるのかなぁなんて思っていたら「信濃コロンボ」が警棒で奮戦しあっという間に捕まえてしまいました。このシーンの前に博物館で不審者に間違われた「信濃コロンボ」が警棒で叩かれるシーンがあり、捕まえた犯人に「痛いだろ?わかるわかる」といって共感を示すところが面白かったです

 

簡単に感想を書くなんて言っといてついつい書きすぎちまいました(笑)

それでもいつもよりは、短くまとめられたと思うんですが・・・

この他にも本やチラシの絵が動くなんて演出もあって驚きました

このごろ、刑事ドラマといえば「刑事コロンボ」しか見ていなかったので久しぶりの日本のサスペンスだったんですが、新潟が舞台の一つであるという点とコロンボらしさを感じられたという点でとても楽しめました

 

※写真は、信濃コロンボ3~北国街道殺人事件~のワンシーンをカメラで撮影したものです