読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

越後のコロンボ 捜査記録

新潟に住んでいるコロンボファンが刑事コロンボの感想や日常の出来事など幅広く記していくブログ。

刑事コロンボ 「死の方程式」 感想

BS-TBS 刑事コロンボ 感想 更新順

f:id:EchigoofColombo:20161123195647j:plain

今回は、BS-TBSで放送された刑事コロンボ「死の方程式」を見た感想を書きたいと思いましてねぇ・・・

 

改めて見返してみて色々と印象に残るところもあったんですが、犯行に使われた爆弾の仕掛けがさっぱりでしてね(笑)

 

気圧で爆発する時限爆弾みたいな感じでしょうかね?

ともかく仕掛けに関しては、よくわかっていなくても楽しめるってこってす(笑)

 

刑事コロンボ完全捜査記録」によると犯人が使用していた爆弾は葉巻の箱を開けてから数分で爆発する時限爆弾だったようですね

 

感想※あくまで個人の感想です

偽装工作を終えた直後にコロンボ警部が登場

刑事コロンボシリーズでは多くの場合、完全に偽装工作を終えた後に捜査が始まるんですがねぇ・・・今回の事件では、犯人が偽装工作を終えた直後にコロンボ警部が現れるんです。少しタイミングが違えば偽装工作をしているところを目撃されてしまうという危うさもあり、犯人の動揺もよっぽどのものだったと察することができます

被害者が行方不明になる前に自宅にかけていた留守番電話をコロンボ警部と聞くことになり、動機をばらされる危機に瀕したり、仕掛けの関係で時計をちょくちょく除いていたので怪しまれたりと犯人にとって不利な展開が続いていきます

 

頭脳派の犯人

前半はコロンボ警部の捜査の前に多くの失態を演じ、不利な状況に追い込まれていた犯人ですが、コロンボ警部の捜査によって化学に強く学業に関しては優秀な人物だと明かされる場面があります。そのことを裏付けるかのように後半では自分に有利な状況を次々に作っていきます

わざと警察に逮捕され間違った証拠を見せることによって叔母の自分への評価を作り変え警察以上の信頼を取り付けたり、自分の恋人の写真を合成してあらぬ疑いをかけたり、自分が社長の地位につくために副社長を失脚させるといったようなことをおこなっていきます

あたし犯人が自分から逮捕されたときは何をするつもりかわからなくて驚いたんですがねぇ・・・話が進んでいくにつれてどんどん犯人に有利な状況が作られていくのを見て犯人が頭脳派であるという描写が作りこまれているという印象を受けました

 

印象に残ったシーン※あくまで個人の意見です

コロンボ警部を侮る犯人

コロンボ警部の外見と言動を見て多くの犯人は油断し、最後には実力を認めるという展開が多いです。今回の犯人も例外ではなく、コロンボ警部を「交番に電話したら来た人」という風に評しています

それに対して通報者は署長さんに「選抜きの刑事」を回してくれるように頼んだと返しています。それを聞いてコロンボ警部を凝視する犯人に対して「うちのかみさんに言わすと散々ですよ、万年刑事の安月給取りだって」とかみさんの話で謙遜するところがまた良い

このシーンでは、警察内での署長の信頼という評価と外見からの頼りない刑事という二つの評価が対照的に描かれていると感じて印象に残ってるんです

 

ロープウェイでの移動

事件現場が山の中という事で現場への移動が主にロープウェイでした。そのため高い所が苦手なコロンボ警部はロープウェイの中でも外を見ないようにしていたり、現場が下だと聞いて「そりゃ助かる」と安心していましてねぇ(笑)

また現場についてからも崖の下を見ないようにしています。序盤はロープウェイの中で会話をできないほど余裕がなかったんですが、犯人を追い詰めるシーンではだいぶ慣れていましてねぇ・・・それでもやっぱり高い所は苦手のようで外を眺めてすぐに目をそらして一言

「(安全って)本当かねぇ?」

 

葉巻をもらう

刑事コロンボシリーズでは、コロンボ警部が事件の犯人や関係者から高級葉巻をもらうという展開が多いんですがねぇ・・・今回の事件では、犯行に使われた爆弾が葉巻のケースに偽装されていたということもあり葉巻がよく登場します

そのためこの作品でも自然の流れで葉巻をもらっています。犯人から一本もらうシーンはもちろんのこと、ラストシーンでロープウェイの中で一本吸おうとして、関係者に「証拠品じゃないんですか?」と聞かれて諦めるシーンが印象的でした

 

「倒れたんですかね?こりゃ?」

邪魔者がいなくなった事で社長の地位につくことができた犯人は、机の上に立ててあった社長の肖像画(?)を倒し社長室でくつろいでみせます。すると副社長とコロンボ警部がやってきます。副社長が犯人に解雇の理由を問いかけますが、叔母の一言でどんなことでも決まると答える犯人に対してコロンボ警部言い放った一言がこれです

これには犯人も呆れてしまっていました。事件と関係のないことを聞いてから本題に入るといういつものやり方です。犯人が(解雇された)副社長はお手すきだが、自分は忙しいと挑発したときにコロンボ警部の横にいる副社長が両手を合わせて怒っているように見えたのも印象的でした

 

犯人の使用した爆弾を利用して追い詰める

新しい証拠品が見つかったと言い、犯人と副社長とロープウェイに乗り込むコロンボ警部。犯人に対して自分の仕掛けた爆弾が発動するというプレッシャーを与えつつ、これまでの捜査で得た手がかりや不審点をぶつけていきます。追い詰められてとても動揺した犯人は、コロンボ警部を怒鳴ったり無理なごまかしをしてしまいます

また、作品の題名がコロンボ警部の台詞として直接言及されるという点やコロンボ警部にしてやられたことに気が付いた犯人がコロンボ警部を認めてサイエンスエキスパートのメダルをコロンボ警部の首にかけるという動作、犯人の笑い声が響き渡るラストシーンも印象的でした

 

「死の方程式」では、若くてイタズラ好きな犯人や敷地内をカートで移動するシーンを見てなんとなく新シリーズの「狂ったシナリオ」を思い出しましたな・・・

 

題名の通りラストの犯人を追い詰めるシーンで数学の問題をといているかのようにすらすらと真相がわかっていくところが面白い作品だと思いましたね

 

※写真は、BS-TBSで放送された刑事コロンボ「死の方程式」のワンシーンをカメラで撮影したものです